利用のしやすさで選ぶ

金利以外にも、サービスを利用しやすいかどうかによって金融会社を選ぶことをお勧めします。最近流行っているのはカードローンのキャッシングです。これは、1度カードを作ってしまえば、そのカードを使って2度目以降の融資をスムーズにできるのがメリットです。また全国にあるATMを使って融資を受けられるため、非常に手軽である点が利点と言えるでしょう。しかし、その手軽さはデメリットでもあります。お金を借りているという自覚が薄れていき、お金が無いとすぐに頼ってしまうような、中毒になってしまう人も多いので注意しなければなりません。

この他には、ウェブで完結するサービスなども登場しています。どの金融会社の場合でも、契約を交わしてから実際に融資を受けることになりますが、契約の際には店頭窓口や無人契約機に足を運ぶ必要があります。ウェブ完結のサービスでは、契約時にもそういった手間をかけることなく、全てインターネットを通じて行うことが可能です。1度限りの利用を考えている場合にはこちらの方が良いかもしれません。

また、金融会社によっては返済方法が異なる点も選ぶ上で重要なポイントとなってきます。中には追加返済も簡単に行えるサービスもありますので、金融会社を選ぶ際にはこの点も注意して比較することもお勧めします。

参照HP【キャッシング申込_ノーローン】
来店不要で融資をしてもらえます。

金利の低さで選ぶ

金融会社を選ぶ際には、必ず金利は見るようにしましょう。およそどの業者もサービスの広告などには金利を一緒に掲載しています。ここで注意しなければならない点は、「年利4.7%~18%」と書かれている場合には、高い方のパーセンテージを参照しなければならないという点です。融資を受けた際に支払わなければならない金利は、元金に利率をかけることによって算出されますが、融資を受ける額によって利率は変化してきます。金融会社によってこれは変化してきます。10万円までの融資の場合は18%の金利を、10万円以上50万円以下の融資の場合は15%といった具合に、融資額が多くなればなるほど金利が低くなることになります。会社によって融資額と利率の関係は異なりますので、自身が希望する融資額の場合は、どの程度の金利がかかってくるのか、これを1つの基準とすると良いでしょう。

この他にも金利だけで言えば、消費者キャッシング業者が行うキャッシングサービスよりも銀行系のサービスの方が、金利が低い傾向にあります。消費者キャッシング業者のサービスは、どれも上限金利に近い18%程度であるのに対し、銀行系の場合には15%程度です。しかし、審査はやはり銀行系の方が難しいため、その点には注意したいところです。

前提は「金利が高い」

まず、キャッシングサービスを利用するにあたり、大前提として認識しなければならない点は、特定の使い道に対して融資をしてくれるサービスと比較して、金利が非常に高いという点です。現在の法律では、キャッシングに対する上限金利は20%とされています。100万円を借りた場合にはそのまま1年間放置していると合計120万円の返済が必要となるということです。使い道が決まっているローンなどの場合には、たとえば自動車ローンの場合には概ね3%程度ですので、これと比較するとキャッシングサービスの金利の高さが分かると思います。そのためどの程度の融資を受け、どの程度の金利が発生するかについては、あらかじめある程度の覚悟をしておいた方が良いでしょう。それだけ危ういサービスを利用しているのだということは、絶対に忘れてはいけません。

しかし、少額の融資であった場合には金利はそれほど気にはなりません。2万円の融資を受けた場合、これにかかる金利は20%であったとしても4千円で済みます。1年間で4千円の金利ならば、それほど気にはならないという方も多いのではないでしょうか。つまり、一気に返済できる程度の額ならば、消費者金融のキャッシングサービスを使ったとしても気にはならないということです。

多様な金融会社

不景気になるとお金に苦労をしてしまう人も増えます。不景気程消費者金融にお世話になる傾向があることは、統計により分かっています。お金を借りるということはどうしても世間体が絡んできますので、悪いというイメージを払拭しきることができません。また、消費者金融は以前、金利が非常に高かったため、未だに暴利を取られてしまうと思っている方が多いかもしれませんが、選び方次第ではもしもの時に役立ちます。

車や住宅などを購入する際には多額のお金が必要となりますが、こういった場合には銀行から融資を受けた方が金利は圧倒的に低いです。例えば車を購入するために100万円が必要となれば、どうにかして用立てる必要がありますが、銀行からではなく消費者金融からお金を借りようとする人はいないと思います。これはサービスの金利が関係しており、できれば無駄な費用はできるだけかけずに融資を受けたいので当然です。融資の額が多額になればなるほど、返済総額は金利によって大きく変化してきますので、1%でも低い金利のサービスを選ぶのがお勧めです。

しかし、お金の使い道が生活費などの不定の場合には、銀行から融資を受けることが難しいです。この場合には消費者キャッシング業者のキャッシングサービスを利用することになってしまいます。使用用途が不明な場合には、どうしても金利が高いサービスを使わざるを得ないということです。それでは、キャッシングをしなければならない場合にはどういった点に注意して金融会社を選べば良いのでしょうか。