金利の低さで選ぶ

金融会社を選ぶ際には、必ず金利は見るようにしましょう。およそどの業者もサービスの広告などには金利を一緒に掲載しています。ここで注意しなければならない点は、「年利4.7%~18%」と書かれている場合には、高い方のパーセンテージを参照しなければならないという点です。融資を受けた際に支払わなければならない金利は、元金に利率をかけることによって算出されますが、融資を受ける額によって利率は変化してきます。金融会社によってこれは変化してきます。10万円までの融資の場合は18%の金利を、10万円以上50万円以下の融資の場合は15%といった具合に、融資額が多くなればなるほど金利が低くなることになります。会社によって融資額と利率の関係は異なりますので、自身が希望する融資額の場合は、どの程度の金利がかかってくるのか、これを1つの基準とすると良いでしょう。

この他にも金利だけで言えば、消費者キャッシング業者が行うキャッシングサービスよりも銀行系のサービスの方が、金利が低い傾向にあります。消費者キャッシング業者のサービスは、どれも上限金利に近い18%程度であるのに対し、銀行系の場合には15%程度です。しかし、審査はやはり銀行系の方が難しいため、その点には注意したいところです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket